V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

アクセラ、ボンネット修理塗装


今回ご紹介するのは
マツダ アクセラのボンネットの飛び石修理です。



写真ではわかりづらいですが真ん中辺りが凹んでいるのがお分かりでしょうか?

これは飛び石で傷ついた箇所をお客様自身で市販のコンパウンド(液体状の研磨剤)を使用して研磨し続けた結果、その箇所だけがコンパウンドの力で凹んでさらに目立ってしまったというわけです。

市販のコンパウンドには粗目、中目、細目、極細目などと粒子の粗さを選択でき、最近のものはプロが使用する商品と変わらないくらいの性能を持ち合わせております。

ですので、使用の仕方を間違えてしまえばその高性能さ故に予想以上に削り過ぎてしまったり、逆にコンパウンドが粗すぎてボディに傷をつけてしまうこともあります。
事前にコンパウンドの特徴、施工の仕方を把握した上で作業しましょう🎵



というわけでこのように一点が凹んでいるものは鉄板まで削って傷周辺ををなだらかに平らにするしかありません。






そしてサフェーサーを吹き、またなだらかにするように削ります。

こちらのアクセラのボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」という、簡単に言えば通称「ガンメタ」という色になるのですが、普通のガンメタより光輝感があるような、色の深みがあるようにうかがえます🎵





このようにきれいに塗装できました!
お客様にも喜んでいただき、笑顔でお帰りになりました😊

やはり愛車というのはきれいに保ちたいものですよね💡
その上でDIYでメンテナンスすることは愛車のコンディションを把握できたり、メンテナンス用品の勉強にもなります。
しかし間違った使い方をすれば愛車を痛めたり、傷つけてしまいます。

もしそうなってしまったら佐藤自動車へご相談ください!きっとお客様のお役に立てると思いますので、よろしくお願いします😊




  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る