V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

レクサスHS250h/板金塗装



レクサス HS250h 左リヤドア&クォーターパネル修理




今回は「レクサス HS250h」の修理の流れをご案内していきたいと思います。

個人的な意見ですが、このレクサスはボディが大きすぎず小さすぎず、とても乗りやすそうないい車だなぁって思います。

さて、今回の修理は左側のリヤドアとクォーターパネルのヘコミキズです。

ちょっとしたヘコミですが、見るとやはり気になってしまうヘコミですね。。
今回もしっかり直していきましょう。



板金


凹んだ場所を板金修理するのと同時進行で、
塗装する際に邪魔になってくる部品も一緒に外します。

外さなくてもマスキングテープで塗装したくない場所を囲って、塗装は出来るのですが、
綺麗に塗装する為にはやはり部品を外して塗装するのがベストです。

マスキングしても塗装が終わった後にテープを剥がすと、どうしても塗装の厚みの「段」が出来てしまい、塗装した跡が残ってしまいます。

細かいところの話なんですが、
いい車ですので仕上がりも細かいところまで手を抜きたくないですね。


今回は、「ドアハンドル」、ドアの下部についている「ドアモール」、クォーターパネルに繋がっている足元の「サイドスポイラー」と呼ばれる部品を外しました。



板金


板金で凹んだ箇所を元に戻していきます。
よくお客様や、通りすがりのおじさんから「板金って裏から叩いて直すの?」と聞かれるのですが、
今回の修理ケースの場合は、「表から引っ張って直す」になります。

パネルの裏側にアクセス出来る(手や工具が入る)ような箇所は裏から修理出来ますが、
今回のような場所は裏側にアクセス出来ません。

表側のパネルに専用の小部品を溶接してヘコミを引っ張り出していきました。

次に続くパテ研ぎ作業が楽になるように、
ヘコミを出来るだけ元に戻していきます。



パテ



ドア、サフェーサー前



クォーター、サフェーサー前



サフェーサー塗装


パテ研ぎ、サフェーサー、塗装、磨き、洗車と、
お客様から大切な愛車をお預かりして、最後のお渡しするまで全ての工程の間に佐藤自動車では多くのチェック項目を受けて作業は進んでいきます。



完成


塗装が終わり、専用の機械で磨きをかけてヘコミキズが付く前の新車状態へと戻っていきます。

最後に、塗装するために外しておいた部品を元に組んでいきます。

はい。今回もバッチリ仕上がりましたね!

ヘコミキズが付く前の時と同じような気分で、、とお客様に喜んで頂けると嬉しいです。



担当者


今回のブログは私、『伊藤』が担当させていただきました。


愛車のヘコミキズも、
お客様の心のヘコミキズも直せ(治せ)れたらいいなと思った作業でした(^ ^)


  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る