V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

インプレッサのドア交換と鈑金技術。


今回ご紹介する修理事例は、インプレッサです。

早速損傷状態からご覧ください







修理方法のご提案

お客様から車両保険を使用してのご修理依頼でしたので、お車にとって一番良い修理方法をご提案させていただきました。

その修理方法は、

リヤドアは交換
クォーターパネルは鈑金修理です。

画像では分かりにくいですが、リヤドアは全体に凹みや歪みになっている為、お車のため交換になります❗


クォーターパネルはかなり凹みが大きかったですが、ここを交換すると事故車となってしまうため、鈑金修理でご提案させていただきました。


佐藤自動車では
お車の価値を考えながらご提案させていただいております。


まずは、左リヤドアを新品に交換していきます





新品ドアとの隙間で分かるように結構凹んでいますね。

新品ドアを取り付け・調整して、クォーターパネルの凹みを直す基準にします。


クォーターパネルの凹みは、かなり急激凹んでいるので、ドアとの隙間が広がらないように、色々な角度に引っ張り出し形を整えていきます。

引っ張る角度!
これが重要なんです。


鈑金修理完成です。







鈑金が終わったら薄くパテをつけて形を整えて、サフエーサーを塗り、塗装準備をします。


この形作りも、
リヤドアとの隙間や高さを何度も確認しながら、微調整を繰り返します。


塗装





綺麗に塗装が出来ました(^ ^)


最終チェック



塗装が終わったら、
新車の輝き・質感にするために磨きをかけます。


磨きが終わったら、
小部品を取り付けて動作確認します。


そして最後は、
綺麗に洗車をして納車準備完了です。


今回も、キレイな仕上がりになりました!


佐藤自動車へのご依頼嬉しく思います(^ ^)
何でもお気軽にご相談ください。





  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る