V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

プレマシー、壁に接触した事故の修理事例!



今回は、プレマシーの修理事例をお届けします。

損傷状態





右リヤドアとクォーターパネルの、キズと凹みがあります。

壁に接触してしまったのでしょう(>_<)


板金修理工程



プレマシーは、

パネルが柔らかいので鉄板を伸ばさないように注意しながら、引き出しをしていきます。

まずは、鉄板が硬いライン等から引き出していき、
次に、面を整えていきます。

引き出しが終わったら、バリ等を削りパテをつけます。


パテ調整





パテを削って形を整えていきます。

このパネルは、平らな部分、丸い部分、アーチ状の逆ライン部分と難しい形作りにるので、歪みをスプレー等で確認しながら整えていきます。

お客様の喜んだ顔を思い浮かべての作業です(^ ^)


下地処理



サフェーサー(下地処理材)を塗り、細かいキズ等を取り
塗装準備をして塗装します。


塗装



埃などをシャットダウンした塗装ブースでの塗装です。


修理完成です。



塗装が終ったら、
磨き、取り付け、動作確認、納車準備をして完成です。

今回も綺麗な仕上がりになりました(^ ^)


お車の事であれば何でもお気軽にご相談ください。

私たちが元気にご対応させていただきます(^ ^)




  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る