V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

マツダ「カラーナンバー46V」をさらに詳しく!



前回お伝えした事例をさらに詳しくお伝えします。

マツダ 
カラーナンバー46V ソウルレッドクリスタルM



マツダのCMでメインに扱われていたり、店頭に必ずある赤いお車、皆さんきっと見たことがあると思います。

とても綺麗な透けたように見える深みのある赤!イメージわいてきましたでしょうか?😊
今回はこの色について見ていってみましょう❗


実はこのカラーモデルチェンジで少し変わっております!

最初は、41Vといカラーナンバーでした。このカラーが出てきたときには沢山のプロの塗装屋さんが苦労されていたのではないでしょうか?

😿ディーラーですらお客様に同じ色にはなりませんというくらいですので💦💦

そして今度の新バージョンはさらに難度があがったと、発表されてから塗装業界では話題になっていました😅さて、佐藤自動車ではどうなるでしょう😺


塗装前



修理のほうはいつも通りのサフェーサまで終わっている状態です❗これをマスキングして塗装にはいるわけですが、何故難しいとされているかというとカスタムペイントでは定番のキャンディーカラーという塗装になるからです。


下地にシルバーを吹き付けていきます!




元の綺麗な赤と全然色がちがいます😅
これをしっかりと乾かしてからカラークリヤーといわれる下地が透ける赤を塗装します!

それだけ??と思われてしまうかもしれませんが、本来車の補修塗装としてはあまりなかった技術になります。ですのでキャンディーカラーの経験がないプロのかたがたくさんいたということになります。


カラークリヤー





この色のポイントは透ける赤の塗料の吹き付け方になります😺

しっかりとした技術がないと深みのある赤がでてなかったり、ムラになってしまい場所によって色味がかわってしまうなんて残念な結果になってしまうこともあるかと思われます。

修理のさいは技術力のある工場へお願いすることをお勧めいたします❗


塗装完成



そして、最後にクリヤーを塗装して完成です!

どうでしょうか?
しっかりと新車と変わらない色味に再現できたと思います😆

佐藤自動車では、
幅広い技術を持ったスタッフが心を込めて作業させて頂いております!お車の事でしたらどんなことでもご相談ください❗




  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る