V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

バックパネル・バックドア板金塗装






今回の修理は車の後ろ側、
バックドア・バックパネルのご修理をご紹介いたします。


事故などで、一番損傷する確率が高いのが運転手の対角線である左側と、死角が多くある後ろ側なんです。


お写真は後ろ側のゲートを損傷していますが、バンパーもぶつかっています。

そしてよく見てみるとバンパーの後ろ側、名称はバックパネルと言いますが、こちらまでぶつかっています。


では今回はどういった修理をしていったか?

では、参ります!



まずはバックパネルから!



結構押されてしまっていますね(>_<)


通常こちらのバックパネルは、ディーラーであれば交換となってしまいますが、佐藤自動車なら修理で大丈夫です(^ ^)

修理方法としては、板金をして塗装するのが一般の流れですが、お客様とご相談し、バックパネルは板金して塗装は錆止めだけという方法でご修理させていただきました。

バンパーがしっかり取り付けられていれば、中のバックパネルは見えない所ですので、お安く修理する為に板金後に本格塗装ではなく、錆止め塗装だけ・・・!



錆止め後



少しでも価格を抑え、お車を長く乗れるように、佐藤自動車では、一つ一つの箇所に対してのアプローチもご提案させて頂いています!



バックパネル板金修理



次にバックドアになりますが、かなり大きく凹んでいますが、なんとか板金修理でのご提案をさせていただきました。

交換にしたい所ではありますが、
少しでもお安く完成出来るようにと・・・
頑張らせて頂きました(^ ^)



パテ調整



パテをつけパテを削って、より良い形へと形成していきます!

今回使用したのは紫外線で効果する特殊なパテになります。
このパテ、固まったときにハンマーで叩いても割れない、かなり強いパテになります。

より良い材料を使い、すこしでもお客様のお車を長持ちさせられるよう、材料選びにも慎重に取り組んでいます!



下地処理



凹みが形成できたあとは、
塗料する前の下地処理として、サフェーサーを吹き付けます。

これは塗料と他の材料などの吸い込みなどを抑える大事な中間作業になります!

またこれを吹き付けることにより、さらに細かい微妙な凹凸なども調整でき、さらに形を良くするためにも欠かせないものになります!



そして塗装に入ります。



お車に一番合う箇所で一からお色を調色し、塗装していきます。

塗装が終了したら研磨処理をし、塗装した表面をより綺麗にし、光沢をだしていきます!




あとは各部品の取り付けをし、完成になります!



今回の修理は、リヤゲートは修理・バックパネルは板金錆止め・リヤバンパーは交換という形での作業をさせていただきました!

お客様とお話しさせていただき、
ここは気にしないからこのやり方で!
ここはしっかりとやりたい!

価格を抑えれるのであればこのやり方でやりたいなど、お客様にあったプランをご提案させて頂き、今回のご修理方法にさせて頂きました!

今回のように、佐藤自動車ではお客様にあったプランでの作業などもご提案させて頂いておりますので、ご修理方法のことなどでも、よろしければ一度佐藤自動車へご相談頂ければと思います!



愛車のこと何でもお気軽にご相談ください(^ ^)




  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る