V2 おかげさまで今年も受賞しました! カーコングランプリ2009 エキスパート部門 優勝

ヘッドランプコーティング





めっきり寒くなてきましたね。

あっという間に暖房が手放せない季節になりました。


風邪やインフルエンザに気をつけて毎日を乗り切っていきましょう🎶






さて、今回ご紹介するのはヘッドライトコーティングです。


「え?板金塗装屋なのにそんなこともやってるの!?」

と思ったあなた!そんなこともやっているのです!


当店ではお手軽にできる溶剤を塗って黄ばみを取り除く方法と、長期間効果が期待できる、黄ばみをとってからコーティング剤を塗布し、紫外線で硬化させる方法の二種類があります。


ヘッドライトの材質は一昔前はガラスで黄ばむことはなかったのですが、現在は衝突安全性などの問題で樹脂になりました。


この樹脂が紫外線と反応して表面が徐々に黄ばんでいくんですね。


この黄ばみが悪化するとヘッドライトの光量不足で車検に通らないなんてこともありますので注意が必要です。


今回はより効果が期待できる紫外線硬化の方を施工します。それでは作業工程を紹介していきます。



ヘッドランプコーティング施工前





施行さていただくヘッドライトの状態は、このように黄ばみが出てて全体的にくすんでいる様に見えます。


画像では分かりづらいと思いますがかなり黄ばみが進行していますので、明らかに新品時よりは光量が低下していると思います。



養生





まずは周りに傷がつかないように養生ペーパーとガムテープを使ってボディを保護します。



研磨






ダブルアクション



次に黄ばみを取り除いていきます。

機械を使って黄ばみを素早くとっていきます。

この機械は「ダブルアクション」と呼ばれるもので、ハンドマッサージ機のように目にも止まらぬスピードで動いてくれるので、研磨作業がラク〜にできます。


削ると白くなりますが綺麗になるので心配しなくても大丈夫です🎶


全体を削り終えたら「シリコンオフ」という表面の脂分を除去する液体でヘッドライトを拭き取って、いよいよコーティング剤を塗布していきます。


筋にならないようにサッサ!っと素早く塗っていきます。


素早くやらなければゴミが付いてしまうので写真はありません…すいません💦



UV照射





コーティング剤を塗布したらこれまた素早く紫外線を当てます。


この光は直視したり肌に直接当てると体に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

日焼けサロンの超強力バージョンみたいな感じです(笑)



完成





これでヘッドライトコーティングが完了です!

透明度が上がり新品のように綺麗になりました。

これで車検はバッチリ通りますね🎶

佐藤自動車ではコーティングも施工していますので、ボディの撥水を持続させたい・ヘッドライトのコーティングをしたいなどのご相談も受け付けています。

従業員一同お客様のご来店をお待ちしています。


  • FLOW 修理までの流れ GO
  • VOICE お客様の声 GO
  • COUPON クーポン GO
  • OUTLINE/MAP 会社紹介・マップ GO
保険修理で得しよう

このページの上へ戻る